近頃は無料で利用できる出会系アプリや出会い系サイトでもプロフィール欄に自分の写真を公開したりできることが多いようです。
それぞれ写真のデータのサイズには制限があります。
鮮明度は違いがありますが、果たしてその写真は信用していいのでしょうか?

今回は【写メマジックに注意!それは本当に本人か?】についてお話します。

写真を掲載できるコミュニティサイトやSNSサイトでも自分の写真はインターネットに公開したくない人も大勢いると思います。
そんな人達は出会系アプリでも掲載していません。
公開している場合でも注意点がいくつかあります。

1:写真が本人のものか確認する術がない

出会系アプリに登録する場合でも身分証明書は顔写真付のものとは限りません。
サイト管理者もそのユーザーが公開している写真が本当かどうかは確認できないのが現実です。
こういったことから完全にその写真が本人のものであると信頼できません。

もし本人の場合でも女性ならばできるだけ若く見せたいから、若い時の写真の可能性もあります。今は太ってしまっているならば痩せていたときの写真を使っているかもしれません。
今の本人とはルックスやスタイルが違っていても本人の写真ならば、ウソではないのです。

2:酷い場合は他人の写真を使っている

知人や友達の写真を許可なく使うこともあります。
もっと酷い場合はインターネットから勝手にダウンロードしてきた写真を使う事例もあります。
直接会ってデートしたらバレます。
こういったニセの写真を使っているのは会う気がないユーザーです。
サクラ・暇つぶし・悪戯・冷やかしなどの目的でしょう。

3:可愛いプロフィール写真でもとびつかないこと!

プロフィール写真が可愛いかっても本人でないならば全く意味がないです。
こういったことから、プロフィール写真はあまり参考にしないほうがいいでしょう。

いかがでしたでしょうか?

写真よりもメールでの遣りとりで相手を理解するほうが出会いに繋がりやすいです。
その段階でいくつか写真交換をすればいいでしょう。
ニセの写真ならば判断できます。